ねこ吸いたい

ねこをお迎えしたいADHDの社畜の雑記 今期も修羅場でまいにちたのしい

なぜ人は3000万ガチャを引くのか

f:id:neko-suitai:20190608221138j:plain

Background photo created by freepik - www.freepik.com

 

そろそろ父の日なので敢えてこれを書こうと思う。

不謹慎極まりないが、私は出産・育児は3000万のガチャだと考えている。

 

なぜ人は高額ガチャに手を出すのか

一度引いたら継続的にコストと労力がかかり、出産で自分の体も衰えるし、仕事や趣味に費やせる時間も減る。

引いた結果がせめてRやNならともかくファンブルもあり得るし、SSRだったものが突然グレたり事故に遭ったりするかもしれない。

何より、通常のガチャと違って引きっぱなしで育成せず放置、ということができない。

どう考えても分が悪い。他人がこのガチャを回す分には知ったことないが、やはり自分がプレイヤーであることを想定するとクソゲーだと思う。

 

納得できる理由を知りたい

なぜ人はこれだけのクソゲーにリアルマネーを投じるのか。私はその理由が知りたい。

なぜならば、開始時期の縛りがあるからだ。1度きりの人生、手を出すにせよ出さないにせよせめて35までには決断しなければならない。

周りの年長者から様々な理由を聞いたが、納得できる答えは得られていない。彼らの言うところによるとこうだ。

 

・かわいい

APPが低かったらどうする。自分の子はかわいいなどと言うが、猫の方がどんな子でもかわいい。ネコチャン…!

 

・親に孫の顔を見せたい

子供の好きな父には申し訳ないが、特にそういうのもない。なぜ子が親を喜ばせるためにそこまでのコストをかけなければいけないのか…?

 

・血を絶やすべきでない

容姿や能力、そして諸々の障害を考えても自分の血が残ることが世の中にとって利益になると思えない。

 

・遺伝子の可能性

自分達の遺伝子の組み合わせでどんな子が産まれるかを知りたいっていうのもよく聞く。

我が家の場合、最強のADHD爆誕しそうでそれは流石に生きづらそうだ。

 

逆に、手を出さない理由

結局のところ、未だに納得し得る理由は得られていない。逆に、産まない理由だけが日々強化されている。

 

損得勘定

おそらく私が、多くのことを金銭や時間に係る損得勘定で判断しているからだ。

少なくとも、現状私は出産や育児に関しては非常に恵まれた環境に置かれている。

幸いなことに今の職場はDiversityに力を入れており、マネジメント層をはじめ産休から復職したワーママも多く、男性陣の理解もある。

そして私のケチ臭い性分から金銭面もやりくりできるだろうし、親が近くに住んでいて子供好きなのでサポートも期待できる。

とはいえ、同じ額や時間を投じるなら楽しくて手のかからないことが世の中には沢山あるのだ。私はその金でマンションを買って猫のためにリノベしたい。

 

生まれてこない権利

それに、子は親のエゴにより産み出されるものであり、子供に頼まれるようなことは決してない。その点では産むことは「生まれてこない権利」の侵害ともいえる。

せめて生まれてきてよかったと言ってもらえるようにするのが親のつとめだと思うし、私個人としては辛いことはあれど人生楽しいので、その点では親に感謝している。

しかし、社会事情を鑑みると生きていくにはより厳しくなると思われるし、自分の経験だけを理由にまだ見ぬ我が子の生まれてこない権利を侵すわけにはいかないだろう。

 

まとめ

今のところ、私はこの3000万のガチャはあまりに分が悪く、手を出すべきではないと考えている。

今後35になるまでに、必要な検討を十分に行った上で家族と結論が出せればよいと思う。

何かいい理由付けがあれば、ぜひ教えてほしい。

 

ストラテラの副作用がつらい

f:id:neko-suitai:20190608221420j:plain

Medical photo created by freepik - www.freepik.com

ADHDのお薬といえばコンサータストラテラだが、私はストラテラ(1月頃からジェネリック)を朝40mgと夜40mgに分けて計80mg分を飲んでいる。

今まさに副作用がひどいので、どんなものか書き留めておく。

 

口が乾く(飲み始め)

最近はあまりないが、最初の1ヶ月くらいはやたら口が乾いた。

食べているときは問題ないが、何もしていないとパッサパサになる。

それ自体はあまり不快感もないので、とりあえずお水やお茶をちびちび飲み続ければなんとかなった。

 

吐き気、食欲不振

ぶっちゃけこれが一番ひどい。

じっとしている限りにおいては吐くほどではない不快感が午前中くらいは続く。多分船に乗せられたら吐く。

それから常に何か食べていないと集中できないほどだった食欲も驚くほど低減した。

ただ普通に空腹感は感じるので、「全く食べたい気分ではないがお腹が空いた」という状態がお昼ごろ発生する。

朝夕は副作用のひどい時間にかからないので、そこそこ普通に食べることができるものの、それでも食べる量は減った。

 

減退した食欲に任せてあんまり食べないと体力が落ちて風邪が長引いたりするので、ある程度はいつも通り食べないといけない。

対策としては、炭酸飲料と一緒に昼飯をかきこむのが割と効果があった。それからどうしても人と昼食を食べなければいけない日は胃薬を飲んでおいたほうがいいかもしれない。

 

めまい

立ってても座ってても、漠然とふわふわする。

倒れたりするようなことはないものの、違和感がある程度なので、おそらく気にしなければ問題ない。

 

それでもメリットの方が大きい

今日も吐き気と戦いながら昼飯をリアルゴールドで流し込んでいるが、それでも薬を飲むメリットの方が大きい。多少具合が悪くてもできる仕事を整理しながら進めることができるだけの力が手に入るからだ。

 

私の場合は午後に具合が良くなってから、考えたりまとまって手を動かす作業に着手しようといったタスク管理方法をとっているが、むしろ今までより作業効率は上がっている。

今日も朝から漠然と胃に不快感を抱えつつも、申請作業やメールの返信といったあまり頭を使わない軽作業を片付けた。

 

長期的には、あまりに深刻に具合が悪くなるようであれば、コンサータも検討したいところである。

 

ADHDと仕事が捗る小アイデア7つ

f:id:neko-suitai:20190602161100j:plain

Vintage photo created by rawpixel.com - www.freepik.com

 

普通に仕事するために意外と工夫していたので書き溜めておく。

 

基本理念

  • 少ない頭のメモリを必要なことだけに使う。
  • タスクを切り分けて、「やれば終わる」状態を整える。
  • 集中すべきタスクは頭を切り替えてから。

 

やったこと

1.家事の手間を減らす

仕事中に家の心配をするのは無駄だし、家事やってもお金はもらえないので。

掃除はルンバ、皿洗いは食洗機、洗濯はドラム式洗濯機

たとえば洗濯ひとつとっても、天気はいいか、洗濯後に干す時間はとれるか、物干しの容量は足りるか、いつ誰が取り込むか等々、意外と沢山の項目に気を遣う必要があったりする。

ドラム式洗濯機なら放り込んで3時間半後に勝手に乾いた状態になるし、上記全ての手間が省ける。

 

2.モノを減らす

特にミニマリストではないのだけど、買い足す、捨てる、整理する、買い取りに出すとか考えると疲れるので。

たとえば職場用の服はスーツ以外は上下どれでも合わせられるものを買うとか、私服が職場用の服を兼ねるようにするとか。

あとはアイロンをかけなくてよい服だけを買うことや、本やゲームはできるだけDL版。

モノの処遇を考えなくて済んで、買うときに本当に要るかを吟味するので無駄遣いも減る。

 

3.鞄の中身を減らす

会社や外出先ですぐにクレカや入館証が出てこないと焦るし、日によって鞄を入れ替えると忘れ物を誘発する。

そこで必要なものが全部入って取り出しやすい鞄を作っておく。

これは長くなるので詳細は以下参照。

重くない通勤かばんを作る。 - ねこ吸いたい

 

4.ネガティブな話題をシャットアウトする

夫の心ない対応が〜とか、最近そういう腹立ったので共感して系の記事が多くてイライラするので。

いやそれお前んちのコミュニケーション不足だし、一番対話できるはずの家族と意思疎通できないとか恥ずかしくない?って思ってしまう。

そういうアカウントは容赦なくミュート、RTしてくる垢も。

一緒になって怒ったり悲しんだりするリソースがもったいないので、見えないようにしといたほうがいい。

 

5.タスクのツール管理、細分化

急にタスクが追加されるとテンパるので、逐一ツールで管理している。

更に、大きめのタスクは何をしたらよいかをできるだけ細分化して、「書いてあることをやれば全部終わる」状態にしておく。

使うツールはGoogleのToDoリスト。会社がGmailGoogleカレンダーを利用しており、ToDoリストを画面端に表示できるので便利。

また、「★優先 ■待ち」といった記号で今すぐやるべきものと、置いといていいものを区別しておくと楽。アプリの機能でアラームなども設定できる。

 

f:id:neko-suitai:20190601161818j:plain



 

6.進捗管理表をつくる

細かいタスクは上記のToDoリスト管理でよいものの、私の場合は大小10社以上の案件を年間で管理しているので、別途クライアントごとの進捗管理表を作成している。

これはGoogleDrive上のスプレッドシートで作成して、他のチームメンバーにも共有して各自更新する形をとっている。

仕事で使っているものは載せられないものの、個別のタスクを以下の色付けで記載してもらっている。

 

赤:未着手

黄:着手中(70%完了などの数値も記入)

緑:待ち(問合せ中など)

青:完了

 

この方法であれば未完了箇所が明確で、担当者欄に名前を書いておけば簡単に作業をお願いすることもできる。

まあ若干準備に手間はかかるものの、いちいち確認する工数が省けるので楽。

 

7.時間をおいてセルフレビュー

ケアレスミスがどうしたって多いのでセルフレビューは必須なのだけど、成果物を作り終えた直後はレビューの質が落ちがち。

締切に追われていなければ昼休み後や次の日、忙しいときはせめてトイレかおやつ休憩を挟んでレビューすると、程よく内容を忘れているので意外と細かいところに気付ける。

 

おわりに

気分が乗らずに捗らないときもあるものの、工夫すれば大体の仕事は片付けられるようになってきた。

思い出してみるとかなり項目数はあるが、今はほぼ意識せずにできていることばかりなので、比較的楽にできると思う。

また増えたら順次追加する見込み。なんかいいアイデアがあったら試したいので教えてね。

 

 

 

 

 

 

ADHDという観点でこれまでを振り返る。

f:id:neko-suitai:20190602161723j:plain

People photo created by freepik - www.freepik.com

引っ越したら新しい病院で同じ話をすると思ったので、備忘としてまとめておく。

診断が出てから振り返ると、あぁやっぱりな~って思うこと、割とあるよね。

 

続きを読む

名古屋に3年住んだ話

f:id:neko-suitai:20190602162322j:plain

People photo created by freepik - www.freepik.com

名古屋から東京へ絶賛引越し準備中。 

折角3年ちょい住んだし、最近感想を求められることが多くて毎回答えるのも大変なのでまとめておく。

 

続きを読む

ADHDの診断を受けた話

f:id:neko-suitai:20190602160756j:plain

Background photo created by freepik - www.freepik.com

 

割と困っていたので去年の12月にADHDの診断を受けました。

仕事や家事が後回し癖のせいでどんどんたまり、とにかく毎日安心して休めないのが精神的にも体力的にも漠然と辛い状態が続きました。

以前からおそらくADHDだろうなーとは思っていたので、薬で改善できるならそうしようと近所の土日も営業している心療内科を受診しました。

続きを読む

【随時更新】家計管理をはじめました。

東京は名古屋より家賃が高いので、流石に家計管理が必要です。

今までもやっていたものの、過年度すら締まっていない始末…

そこで、面倒くさがりの我々でも運用できる家計管理の仕組みを作ることにしました。

続きを読む